不動産

ブルーマップ とは 地番 不動産取引での使用・用途・閲覧方法等を解説

不動産の情報を調べる際に、従来の方法では住所の情報が分かっていても地番が不明な場合、登記事項証明書(登記簿謄本)を取得する必要がありました。しかし、この際には対象の不動産を特定するために地番が必要となります。しかし、住所はわかるものの地番が不明な場合は、ブルーマップを活用することがおすすめです。
不動産

不動産 登記 簿 謄本 オンライン 取得・記載方法・有効期限について解説

不動産の売買において重要な書類「登記事項証明書」 不動産の売買や取引においては、「登記事項証明書」という書類が必要になります。 不動産登記に関する情報が記載されたこの書類は、不動産の所有権や抵当権などの権利に関する情報を証明するものです。 ...
不動産

土地 の 公 図 と は 法務局やインターネットで無料で閲覧する方法も解説

公図の取得方法 公図を取得するには、登記所やインターネットでの申請がありますが、申請方法や手続きにはいくつかのポイントがありますので、以下で詳しく説明します。 まず、公図の取得方法ですが、公図は法務局が管理しており、登記所で申請することで取...
不動産

不動産購入 固定資産税が免除・減税になる条件と方法!節税方法は?

固定資産税とは、不動産や償却資産などの固定資産を所有している方に対して、毎年1月1日現在の評価額に基づいて課税される税金です。 この税金は、市町村(都は東京都)が課税者となり、各自治体によって異なる税率が設定されています。 固定資産税は、所...
不動産

不動産購入 長期優良住宅だと固定資産税は優遇される?減税措置等を解説!

長期優良住宅の固定資産税減税措置 長期優良住宅の固定資産税減税措置とは、長期優良住宅を取得した場合に、税金の負担を軽減する制度です。 具体的な減税措置としては、以下のような内容があります。 1. 評価額の減額 長期優良住宅は、通常の住宅に比...
不動産

不動産売却 使っていない不動産が特定空き家に指定されると固定資産税が6倍!

放置されている空き家は危険な状態になる可能性があるため、自治体から特定空き家に指定される恐れがあります。 そして、特定空き家に指定されたままで、自治体からの指導や改善要請を無視すると、固定資産税が最大で6倍に増えてしまいます。 固定資産税の...
不動産

不動産購入後の固定資産税は土地の広さによって課税率が変わってくる?

固定資産税は何坪から高くなるのか? 不動産の所有者は、土地や建物などの不動産に対して毎年固定資産税を支払う必要があります。 この固定資産税は、土地と建物の両方に課税されますが、一定の坪数を超えると、課税額が増加してしまいます。 不動産を購入...